EVE Onlineで航海をする一人のAmarr人社長の記録
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新事実(?)を発見したので書いておく。
これは帝国領に住む者なら役に立つだろう。
話のしだいはこうだ。

帝国領でひさびさにSarumから依頼を受けてみた。
Lv4とよばれる依頼で超危険ではないが危険であることに変わりはないランクの依頼である。最近、Lv5というランクが追加されたのでLv4の依頼は簡単になったと聞いてはいるが。

一ヶ月ほど放置していたAPOCを引きずりだし、セッティングしてから出撃。
相手は今まで外宇宙で戦ってきたDronesだ。

ちょっと油断をした。ワープをジャミングされあの大群の中から出ることができなかった。残念なことに初めて戦艦を落としてしまった。

Caldari人の友人でOta-Corpの社長であるNailsにこの笑い話をしたところ。
「だったら、Sarum(実際のところGM)に船を返せと訴えてごらんよ。(実際のところPeti)。依頼がこんなに難しいとは知らなかった!とね。」
なんという横暴さだろう。確かに彼女が生れた地方は訴訟ばっかり起こっていると聞くが。(実際アメリカ)

こんな愚かな申し出をしたくなかったが、とりあえず検証のためやってみた。

スポンサーサイト
Amarrの組織・企業について、詳しく知らない者が多いように感じられる。
そこで、私の知っている限りのAmarr企業・組織についてまとめて以下に記そうと考えた。
願わくば組織・企業の背景を知ることにより、仕事先の選択の役に立てれば、と思う。是非活用してくれ。
数回に分けて掲載しようと思う。

また、儲け話をここに書くことになるとはな。
儲かる話なので、金に飢えているものは読むといいだろう。重要なことは赤字で書いてある。
サンキャー」と心の中で唱えるがよい。

詳細は続きにて。

皆は知っているかと思うが、私は一応貴族の生まれである。
はるか昔に没落してしまってはいるが、一応貴族である。
少し前から、一応貴族の嗜みとして、言い換えれば金稼ぎとして、
デブリの回収を行っている。

海軍からの仕事などで敵船を破壊したとき、大量の残骸(デブリ)が出る。
それをする回収(salvage)する作業だ。
当たり前のことだが、我々が乗っている船というものはテクノロジーの結晶である。たとえ激しい攻撃によって粉々になっても、価値はあるものである。

廃品回収は奴隷のやるような仕事だ?いいや、ちがう。それは愚かな奴等の考えである。デブリとは、驚くべき価値のあるものなのだ。宝石の原石が宇宙を漂っているようなものだ。
金になる仕事をしなければならない、私のような一応貴族にはもってこいの嗜みだ。

Salvageで取れる壊れた部品は、RIGというものに作り変えることが可能で、RIGは船に取り付けることで船の能力を向上させる改造部品だ。
RIGはかなり高価で取引されており、それの材料である壊れた部品も高値で取引されている。

さて、その嗜みのやり方をここに記しておく。
金に困っているものは心の中で「サンキャー」と私に言い、これを見るべきである。(サンキャーの元ネタがわかる方がいたらコメント欄にぜひ!)どうしてこんなこと書くかって?富を独占していればいいではないか、って?これも嗜みの一つなのだよ。
(詳細は続きにて。)


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 フリオ・ビエルサの航海記録, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。