EVE Onlineで航海をする一人のAmarr人社長の記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はEziaから続けて依頼を受けた。

「我々は、Youlの中でのSanshaのだいたいの活動範囲を特定した。今度は、彼らが一体なにを作っているのか見つける時だ。前回の任務中、君建設ブロック運搬船を破壊した。しかし、それはまだ彼らの活動基地への手がかりとはなっていない。」
私がが思うに、Amarr海軍の情報部はいくらなんでも無能であります。とは、言えなかった。これだけの手がかりがありながら見つからないとは・・・・Sanshaは神出鬼没なのだろう。ゾンビ国家恐るべし。

「我々は前からこの愚かな化け物どもを調査をしたが、どうも不運に終わる。過去にも、調査員を送ったのだが、何も見つけられないか、調査員が見つからなくなる。」
やはりSanshaは化け物ということか。

「我々にはもう極わずかな選択肢しか残されていない。しかし、我々がこれらの問題に対しての解決策をブレインストリーミング(自由な意見を出し合う会議法)した後、私は遠回りなアイデアを思いついた。」
と、彼女は言う。

「我々はスパイ・ドローンと呼ばれるものを持っている。そのドローンは、研究ラボから真っ直ぐ飛んで行き、近くの船の外装にくっつき、短波信号を放つ。そしてそれらの信号はYoul内の我々のビーコンによって受信され、長波信号となってYoulのこのステーションに受信される。」
私の仕事はこいつに任せればよかったのではないか。Amarr海軍の実力を疑ってしまう。私が居たころとは違うようだ。

「Sanshaの工作員はいつも、積荷のエクトプラズムをこのあたりのステーションで受け取るという情報がある。スパイ・ドローンを彼らの積荷に忍ばせることが出来たら、彼らの船の行き先を知ることが出来るだろう。」
エクトプラズム・・・不気味なものをSanshaはつかうのだな。
過去にAmarrはSanshaに奴隷を提供していた。その奴隷をコントロールする技術を開発しているとSanshaはAmarrに言っていた。Amarrもその技術を欲しがった。ところが、ふたを開ければおぞましいものだった。しかしどうだ、Amarrは現在、毒物とその抗体を使って奴隷をコントロールしているではないか。どっちが恐ろしいだろうか。他の国家はSanshaのおぞましい技術を否定した。Amarrはそれにただ追従しただけだ。Amarrは責任を負わねばならないのだろう。Sanshaを滅ぼすという形で。今度は、完全に。(詳しくはEVE wiki)

「我々の工作員がビーコンをこの宙域に設置した。すべて準備はできている。君はこのエクトプラズムとスパイ・ドローンのつまったこの箱を君のジャーナルに指定された場所に運ぶだけでいい。あとは我々の工作員の仕事だ。運がよければ、Sanshaの基地の位置を特定できる。」

ドックにあるクルーザー(CL)のOmenにエクトプラズムを入れた。運ぶ仕事ならこいつをよく使う。White Calamari Iは機動性に難があるからだ。

WID_05.png

ジャーナルに指定されたステーションにワープした。
ステーションにいた工作員に箱を渡す。
工作員はこちらに礼をする。私も礼を返し、ステーションを後にする。
言葉は交わさなかった。

Youlのステーションに戻り、任務完了を報告する。ステーション内で海軍からの依頼を待つ間、Quafeを2ケースほど買った。
「諸君、特別ボーナスだ。」
私はドックに居る私の私兵を呼ぶ。
私の忠実な私兵は行儀よくQuafeを一人一本づつ受け取り、各々休憩を取った。

私は思った。こいつらのような私兵を沢山集めて、軍隊を作ったらどうだろうか。国にとめられるだろうか。現在彼らは私の倉庫の警備員と、船の整備係ということになっているが。




最近、訳が雑になってきたような気がします。
自分の持っている船紹介載せようかと考えています。
設定訳つきで。

(原文:Now that we've established the general location of the Sanshas activity within Youl, it's actually time to find out exactly what they are building. In your last mission you destroyed one of their construction block transports, but this brings us no closer to finding their base of operations. We've had no luck interrogating the mindless creatures before, and the surveillance teams we have sent to investigate the area have either found nothing or disappeared. This leaves us with very few options. But after brainstorming possible solutions to our problem, I came up with a devious plan.

We have in our possession so called 'spy drones', straight from our science labs, which attach themselves to a nearby ships hull and emits a low frequency signal which is picked up by one of our beacons which are strewn around Youl, which in turn sends a high frequency signal to our control tower in Youl VII - Moon 10 - Amarr Navy Logistic Support.

Now we know that an agent of the Sansha's Nation regularly picks up shipments of Ectoplasm at a certain station near here. If we can place the spy drone into his next shipment, this might allow us to track his ship to its destination.

Our men have placed beacons throughout our constellation, so everything is in place. All you need to do is take these crates filled with ectoplasm, and our spy drones, to the station specified in your journal, our agents there will take care of the rest. With luck we'll soon know the location of the Sansha base.)
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



日本最大級のキャッシングローン比較サイトです。 キャッシング比較【2007/03/09 15:36】
「真面目な出会い比較ランキング」は本当の出会いを求める大人の為の結婚情報・出会いのサービスを比較・検討して資料請求やお申し込みができるサイト 真面目な出会い【2007/04/10 20:20】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 フリオ・ビエルサの航海記録, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。